花と雑貨の情報館

花と雑貨の情報館へようこそ。ガーデニングや庭づくり、ガーデン雑貨などの情報を発信しています。

トップ > 季節の草花 > 夏の草花 > 夏秋の寄せ植え作り

夏秋の寄せ植え

夏の寄せ植え
夏の寄せ植え

春の花が終わり、暑い夏がやってきます。

真夏は暑くてなんにもする気になれないので、耐暑性があり、丈夫で元気な植物を使って、秋まで長く楽しめる寄せ植えを作りましょう。

お花を植える鉢も夏向けに、プラスチックの鉢や、テラコッタなら厚手のものを選んだりして、水切れの少なくなるようにひと工夫するのもいいですね。

 

寄せ植え作りのポイント

種子から育てる場合と異なり、夏の花苗はちょっとフライング気味に登場するので、既にお花が咲いている状態がほとんどです。

このまま寄せ植えを作ってしまうと、真夏にはダランとした情けない姿になってしまうので、もったいないですが買ったらすぐに摘心してしまいましょう。

特に、ペチュニアやニチニチソウなどは、最初に先端を摘んでおくと枝数も増えてボリュームがでますよ。

 

寄せ植えの管理

初夏に寄せ植えを作ると、秋までグングンと植物が成長するので、あまり詰めすぎずに余裕をもって植えましょう。

肥料は寄せ植えを作る時に元肥を入れたら、あとは月に2回ほど液肥を与える程度でほとんど大丈夫です。

夏に強いといっても、真夏の強い日光は多くの植物が苦手です。

朝水やりをしても、午後になると葉がクタッとしてしまったり、植物もぐったりです。

夏の間は、できるだけ西日の当たらない場所に置き、特にカラーリーフなどを使っている場合は、葉焼けしないように午後は半日陰になる場所が適しています。

また、日中の暑い時間帯の水やりは禁物です。鉢の中がサウナ状態になって、植物が弱ってしまう原因になることも...

 

夏秋の寄せ植え素材

花を楽しむ草花

夏の寄せ植え
夏の寄せ植え

夏の寄せ植えには秋まで長く咲いてくれるお花を選びましょう。

日向ならペチュニアやニチニチソウ、百日草など、日当たりの悪い場所ならインパチェンスやトレニアがおススメです。

ほとんどが真夏にはちょっと生育が落ちますが、気温が下がり始めるころから再び成長をはじめ、秋には見事に沢山のお花を咲かせてくれます。

間延びしたらこまめに摘心をして、秋のピークまでに姿を整えておきましょう。

 

カラーリーフ

夏秋の寄せ植え
パープルファウンテングラスの寄せ植え

花が少ない分、葉の美しい植物を使って色とりどりの寄せ植えを作ることができます。

カラーリーフを使うと、お花がなくても華やかで季節感のある寄せ植えになりますね。

 

こんなのもあります

観賞用トウガラシの苗【楽天】

深紫色の葉のものや、実がカラフルなのが特長です。

カレックスの苗【楽天】

グリーンやブロンズなど、ふんわりとした葉が美しいです。

パープルファウンテングラスの苗【楽天】

シックなブランウンの葉が黄色やオレンジの花と相性よく、秋の寄せ植えにおすすめです。

 

季節の寄せ植えを探す

プロの技を参考に

寄せ植えを作りたいけど、まずはプロが作った寄せ植えを見てみたい。作っている時間がないのですぐにキレイな寄せ植えを飾りたい。ステキな寄せ植えをギフトに送りたい...などなど。

そんなときに活用したいのが、最近人気が高まってきているプロが作った既製の寄せ植え。近くの園芸店でも既製の寄せ植えを購入する客さんの姿をよく見かけます。

これから自分が作る時の参考にもなりますね。

既成の寄せ植え

ピックアップ

楽天市場から季節の寄せ植えをピックアップしてみましたので、ご参考にどうぞ!画像をクリックするとショップの商品ページが表示されます。

(※検索結果はショップが商品に記載したキーワードから自動的に分類していますので、無関係な商品が表示される場合があります。ご了承くださいませ。)

Yoseue Summer

カテゴリー

1423258

寄せ植えが買えるお店

ページのトップへ戻る