花と雑貨の情報館

花と雑貨の情報館へようこそ。ガーデニングや庭づくり、ガーデン雑貨などの情報を発信しています。

トップ > 種まき > 春まき > ナスタチューム

ナスタチューム

ナスタチューム・ホワリーバード
ナスタチューム・ホワリーバード

分類:ノウゼンハレン科、一年草
学名:Tropaeolum majus
和名:キンレンカ(金蓮花)
原産地:南米北西部
種まき時期:3月~5月
開花時期:4月~7月、9月~10月
発芽適温:20℃前後
生育適温:20℃前後
発芽日数:7~14日
株間:15cm~20cm
覆土:1cm

ナスタチュームのタネ

本来は蔓性(つる性)で、3m近くにも達するそうですが、日本の大手種子メーカーが販売しているタネはほとんどが矮性種です。

実際、タキイ種苗やサカタのタネが販売しているナスタチュームの草丈を見ると30cm前後となっています。

海外の輸入種子やハーブとして販売されているタネにはつる性のものがあります。

種子の説明では春まきのみですが、調べてみると秋まきもできるようで、室内などの暖かい場所で冬を越させれば早春から咲きます。

翌年はこぼれ種が発芽し、また花が咲いてくれるようですね。種子の採取も可能です。

栽培のポイント

種まき

タネは大きいので、とてもまきやすいです。

まき時は春まきが一般的ですが、4~5月咲きを目指す場合は室内で2月頃に種まきします。

種子が大きいので、ポリポットやジフィーセブン、セルトレーに直接タネをまく「ポットまき」がおすすめです。

播種後は1cm程度覆土し、底面給水させて発芽を待ちましょう。

ジフィーセブン・ピートバンの使い方

どちらもピートモスを圧縮加工したもので、水で膨らまして使用する育苗資材です。

ジフィーセブン・ピートバンの詳しい説明はこちら>>

 

育苗・管理

発芽したらよく日に当て、本葉が5~6枚になったころに摘心すると、枝数が増えてボユームが出ます。

窒素分の多い肥料を与えずぎると、葉ばかり茂って花が少なるので要注意です。

花壇やプランたーへの定植の際は、株間20cm程度の間隔で、日当たりと水はけのよい場所に植え付けましょう。

病害虫

アブラムシやアオムシがついたり、うどんこ病にかかることがあります。

 

栽培記録(2017年)

総括

【品種】:ホワリーバード・ミックス(サカタのタネ)
【播種日】:2017年2月3日
【発芽までの日数】:約10日

種まきにはココピートを使い、セルトレーに1粒ずつまき、室内の暖かい窓辺で発芽を待ちました。

今回は2月の寒い時期でしたが発芽率は良好、その後の成長も順調でした。葉が増えてきたところで、4~6枚を残して摘心し、ボリュームが出るようにしました。

早い種まきだったため、開花も早く、長い間花を楽しむことができました。上の写真は5月下旬頃の写真です。

暑くなって株が弱ってきたところで、鉢から抜いて切り戻し、再びポリポットで涼しい場所で管理。秋に復活するか観察中です。

栽培記録

ナスタチュームの発芽(2月)の画像

(2/14)

子葉が顔を出しました。

ナスタチュームの発芽(2月)の画像

(2/19)

本葉が見えてきたので、セルから抜き出しました。これからポリポットに鉢上げです。

ナスタチュームの発芽(2月)の画像

(2/19)

7.5cmポリポットに鉢上げです。
鉢上げ用土は赤玉(6)+市販の軽めの培養土(4)。

ナスタチュームの発芽(2月)の画像

(2/28)

本葉が順調に増えています。昼間は暖かいベランダで日に当て、夜は室内へ。

ナスタチュームの発芽(3月)の画像

(3/28)

本葉が順調に増えてきたので、9cmポリポットに鉢増ししました。ここからベランダで管理です。

ナスタチュームの発芽(4月)の画像

(4/12)

暖かくなってきたら成長が早いです。そろそろポットに根が回ってきました。

ナスタチュームの発芽(4月)の画像

(4/28)

花が咲き始めました。

ナスタチュームの発芽(5月)の画像

(5/7)

やばっ!ちょっとほったらかしにしているうちに、どんどん花数が増えてきました!とっととプランターに植え付けます。

ナスタチュームの発芽(5月)の画像

(5/7)

タラー!横長のプランターに植え付けてみました。

 

カテゴリー

1423204

ページのトップへ戻る