花と雑貨の情報館

花と雑貨の情報館へようこそ。ガーデニングや庭づくり、ガーデン雑貨などの情報を発信しています。

トップ > 季節の草花 > 春の草花 > ガザニア

ガザニア

ガザニア
ガザニア・デイブレイク

分類:キク科、半耐寒性宿根草
原産地:南アフリカ
学名:Gazania
日照:日向
耐寒性:中
耐暑性:中
和名:クンショウギク(勲章菊)
花色:白、黄色、オレンジ、ピンク、赤
花径:3cm~8cm
草丈:15~20cm
開花時期:4~10月
植え付け期:真夏・真冬以外

 

春から秋まで長く咲いてくれるお花です。明るい花色が多く、花壇がパッと明るくなるような存在感のあるお花です。

温暖地では戸外で越冬し、宿根草として毎年楽しめますが、寒地では一年草扱いになっていることもあります。

生育環境は温暖な気候を好み、極端な寒さや高温多湿が苦手です。生育には日当たりと水はけがよく、やや乾燥気味の場所が適しています。

店頭でみかけるほとんどが園芸品種で、何種類かの原種から交雑して作られたようです。

宿根ガザニアとして販売されているものもありますが、これは暑さ寒さに比較的強い原種から作られた品種で、一般的なガザニアよりやや花が小さめで、花色のバリエーションもまだ少ないですが、とても丈夫で育てやすいものが多いです。

葉の色は濃いグリーンとシルバーリーフがあります。花は一般的には一重ですが、最近は八重も出ていますね。

育て方のポイント

温暖地では庭植えで越冬が可能です。わが家では今までいろいろな場所に植え付けてみましたが、午前中に日が当たり水はけがよく、寒風と霜があまり当たらない場所が一番長くもちます。

ここ数年、夏の暑さが厳しいためか、一日中日が当たる場所では真夏に弱ってしまい枯れることもよくあります。日当たりが好きと言っても夏場は強い日差しが避けられる場所がおすすめです。

苦手なのは水はけの悪さと蒸れです。ガザニアは少し乾燥気味が好みなので、梅雨時は要注意です。庭植えにする場合は、日当たりがよく、少し高くなった花壇など、水が抜けやすい場所がよいです。

病害虫も特にないので、育てやすいお花だと思います。

増やし方は、種まきが一般的ですが、差し芽もできます。

 

ガザニアを探す

探し方のポイント

普通のガザニアと宿根ガザニアではやや性質が異なります。宿根ガザニアは丈夫で横に広がる性質があるので、鉢植えにしたり、斜面や石垣など、広い場所に植えるときれいです。

ガザニアの苗

 

ピックアップ

楽天市場から人気のガザニアをピックアップしてみましたので、ご参考にどうぞ!画像をクリックするとショップの商品ページが表示されます。

(※検索結果はショップが商品に記載したキーワードから自動的に取得していますので、無関係な商品が表示される場合があります。ご了承くださいませ。)

Gazania

カテゴリー

1420397

ページのトップへ戻る