花と雑貨の情報館

花と雑貨の情報館へようこそ。ガーデニングや庭づくり、ガーデン雑貨などの情報を発信しています。

トップ > グランドカバープランツ > グランドカバーに適したハーブ

グランドカバーに適したハーブ

ナチュラルガーデンを作るとき、なくてはならないのがグランドカバープランツ。ハーブをグランドカバーに使うと、足で踏んだとき爽やかな香りがします。

芝生のようには踏圧に強くはないけれど、少しだけ足を踏み入れる場所やバラの株周りに植えると独特の香りがなんとなく虫除けになったりします。なんとなく...です(笑)

 

 

ペニーロイヤルミント(Mint pennyroyal)

庭のペニーロイヤルミント

とても強健でよく増えるハーブです。管理人が庭に植えた頃はまだネットにも全然情報がなく、ミントということでおっかなびっくりで植えたものです。

苗も出回っていなかったのでハーブの専門店で種子を購入し、タネから育てました。踏圧には比較的強く、踏むとミントのよい香りがします。

ただあまり踏まない場所では初夏に花を付けるために花穂が立ち上がり、ブッシュ状になりますので、こまめなカットが必要です。

それから、ペニーロイヤルミントが地下茎で増えると書いてあるものを見ますが、地下茎ではなくランナーで、放射状に増えます。

増え方が目に見えるので、やっかいな普通のミントと違って扱いやすいと思います。

さすが丈夫なハーブだけあって、発芽率も良く種からは育てやすいですよ。半耐寒性と書いてあるものもありますが、わが家では強い霜が降りる場所でも越冬しています。地上部はかなり傷みますが、根が残っていれば春に葉が出てきています。

ペニーロイヤルミントのブログ記事はこちら>>

ペニーロイヤルミントの苗と種子

 

タイム「ロンギカウリス」(Thyme longicaulis)

庭のタイム「ロンギカウリス」
ロンギカウリス

開花期:5月下旬~8月下旬
草丈:3cm~5cm、ほふく性

昨年植えたばかりのほふく性(クリーピング)のタイム、ロンギカウリスです。

じゅうたんのように低く広がり、高さ5cmほどの花穂を立て、その先にピンクの手まりのような花を咲かせる、とても美しいタイムです。葉はつやのある明るめのグリーンで、見た目にも清涼感があります。

耐寒性、耐暑性とも強く丈夫、乾燥にも強いです。バラの下草にもよいですよ。

ちなみにここでは4月から花が咲き始めます(^-^)

ロンギカウリスのブログ記事はこちら>>

ロンギカウリスの苗

 

クリーピングタイム(Creeping Thyme Wild)

庭のクリーピングタイム

開花期:7~8月、草丈:10cm、ほふく性

越してきてすぐにタネから育てた、ほふく性のタイムです。とても丈夫で、今はこぼれ種や株分けなどであちこちに生えています。

草丈は10cm程度ですが、横に広がりこんもりドーム状になります。葉は濃いめのグリーンで、お花は薄いピンクです。

花穂はけっこう立ち上がり高さ10cmほどになります。

こちらも耐寒性、耐暑性とも強く、乾燥にも強いです。バラの下草にもよいですよ。

クリーピングタイムの苗と種子

 

グランドカバーハーブを探す

ピックアップ

楽天市場から人気のハーブをピックアップしてみましたので、ご参考にどうぞ!画像をクリックするとショップの商品ページが表示されます。

ハーブの種類のテキストをクリックすると、該当するハーブが表示されます。最初はペニーロイヤルミントが表示されています。
(※検索結果はショップが商品に記載したキーワードから自動的に分類していますので、無関係な商品が表示される場合があります。ご了承くださいませ。)

Herb-Groundcover

カテゴリー

1423204

ページのトップへ戻る