花と雑貨の情報館

花と雑貨の情報館へようこそ。ガーデニングや庭づくり、ガーデン雑貨などの情報を発信しています。

トップ > 球根植物 > 秋植え球根(植えっぱなし編) > 百合(ユリ)

百合(ユリ)

百合
シェルブール

分類:ユリ科、耐寒性球根
学名:Lilium
和名:百合
原産地:日本、中国
日照:日向~半日陰
耐寒性:強
耐暑性:強
花色:白、黄色、オレンジ、ピンク、赤、複色
花径:15~25cm
草丈:60~150cm
開花時期:5~7月
植え付け時期:10月~11月
植え付けの深さ:球根の2~3倍の深さ
植え付けの間隔:球根の2~3倍の幅

日本にはヤマユリやササユリ、テッポウユリなど十数種の自生種があり、古くから親しまれてきました。

日本のユリは野生のままでもとても美しいことで有名ですが、現在は園芸品種も多数作られており、店頭でもこちらの方が多いかもしれません。

主にアジア原産のユリを交雑したアジアティック・ハイブリッド、ヤマユリなど日本の自生種を中心に交雑したオリエンタル・ハイブリッド、テッポウユリの交雑種であるロンギフローラム・ハイブリッドなどがあります。

オリエンタルハイブリッドはオリエンタルリリー、アジアティック・ハイブリッドはスカシユリと呼ばれることもあります。

また、オリエンタルハイブリッドは香りがよいことでも知られています。

春に庭が終わりを告げ、夏の庭に移り変わる6月から7月ごろに咲く品種は庭植えにはとてもおすすめ♪開花時期の違う品種をいくつか植えておくと長く楽しめます。

育て方のポイント

球根の植え付け方

ユリを丈夫に育てるには、原種である自生種の生息環境に合わせることが必要です。

アジアティック・ハイブリッドとロンギフローラム・ハイブリッドは日当たりがよく、水はけの良い場所が適しています。

また、日本の自生種とオリエンタル・ハイブリッドは、水はけがよく木漏れ日が当たる程度の半日陰が適しています。

ユリの球根には皮がなく乾燥に弱いため、おがくずなどに入れられて販売させていることが多いです。

購入したら、できるだけ早く植え付けましょう。むき出しで放置は厳禁です!

庭植え

ユリは深植えが好みなので、球根の大きさによって20~40cmの深さを掘り、腐葉土と緩効性肥料を施して、あらかじめ耕しておきましょう。

植え付けの深さですが、球根の高さの2~3倍の深さに植えるのが一般的です。球根の間隔も同じく2~3倍の幅をとりましょう。

鉢植え

鉢植えの場合は、大きめの深鉢に植えるのがコツで、6号ほどの深鉢に1球が目安です。

植え付けは、球根の高さ1つ分の深さに植え付けます。

用土は水はけがよいものを使用し、赤玉土(中粒と小粒を半分ずつ)と腐葉土を6:4で混ぜた用土などがよいようです。

管理

肥料

庭植えの場合は、芽が出てからと花後に追肥をおこないます。

鉢植えの場合は乾燥しないように乾いたらたっぷりと灌水し、3月~9月頃までは月に2回ほど液肥を与えます。

植え替え

庭植えの場合は、数年は植えっぱなしにした方が生育がよいですが、何年かに一度は植え替えを行います。

アジアティック・ハイブリッドは3~4年を目安に、オリエンタル・ハイブリッドは5~6年を目安に掘り返します。

鉢植えの場合は、用土が古くなるので毎年植え替えをした方がよいようです。

掘り上げたら、茎と上根を切り取り、早めに植え付けます。

すぐに植えられない場合は、湿らせたおがくずやピートモスと一緒にビニール袋に入れて冷暗所で保存します。

私は移植の直前以外は掘り上げないようにしています。

 

百合(ユリ)を探す

探し方のポイント

百合(ユリ/ゆり)には沢山の品種がありますが、大きくは原種とハイブリッド(交雑種)に分けられます。

ハイブリッドは上記のように品種が豊富なアジアティック・ハイブリッド(スカシユリ)やオリエンタル・ハイブリッドなどがありますが、そのほかにも様々な交雑種があり、分類がはっきりしない品種も多数あります。

分類が明確でないユリの場合は、付属の説明書をよく読み、適切な育て方をしましょう。

またユリにも一般的な一重咲きのほかに八重咲き品種もあります。

百合(ユリ)の球根

 

ピックアップ

楽天市場から人気のユリの球根をピックアップしてみましたので、ご参考にどうぞ!画像をクリックするとショップの商品ページが表示されます。

(※検索結果と各分類はショップが商品に記載したキーワードから自動的に表示していますので、無関係な商品や、異なる分類の商品が表示される場合があります。ご了承くださいませ。)

Lily

カテゴリー

1420376

球根が豊富なお店

ページのトップへ戻る