花と雑貨の情報館

花と雑貨の情報館へようこそ。ガーデニングや庭づくり、ガーデン雑貨などの情報を発信しています。

トップ > ガーデニング用具 > 壁掛けのハンギングバスケット

壁掛けのハンギングバスケット

ハンギング

壁掛けタイプのハンギングバスケットは、ベランダなど少ないスペースでできる手軽なハンギングです。

空中を使って立体的に演出できるので、置くタイプの寄せ植えとは一味違ったコンテナガーデンを楽しむことができます。

また特に水はけや風通しが必須な草花は、ハンギングにするととても元気に育ちます。また、見た目にもアピールできるのでおすすめの飾り方です。

壁掛けタイプはフェンスや壁だけでなく、ハンギングスタンドを使って飾るのもステキです。

そのほか、吊り下げタイプのハンギングバスケットもあります。

 

アイアン(ワイヤー)のハンギングバスケット

ナチュラル感やレトロな雰囲気を出したいときにおすすめなのが、アイアンやワイヤーのバスケット。

上の写真はアイアンのバスケットとヤシマットを使ったロベリアだけのハンギング。ロベリアは暑さと蒸れが苦手のお花なので、ハンギングに最適なんです。

アイアンやワイヤーのハンギングバスケットは土が落ちないようにヤシマットや不織布などをひいて使用します。

また、プラスチックなどに比べて乾燥しやすいので、夏場に使用するときには干上がらないように注意が必要です。

私は水枯れしやすい花を使ってハンギングを作る場合、ヤシマットの上に丈串などで穴を開けたビニールを敷いてから土を入れるようにしています。

アイアンのバスケット

デザイン重視!おしゃれなワイヤーバスケット

苗の収容数はちょっと劣りますが、バスケットそのものとお花の美しさをコラボさせることが目的のハンギングバスケットです。

アンティークな雰囲気なものも多く、花がないとき掛けておくだけでもステキなバスケットたちです。

白いラティスに濃い色のバスケットを掛けたり、暗い背景には白いバスケットを使ったりするとコントラストが際立ちます。

たっぷり豪華に植えられるワイヤーバスケット

空間の花壇のようにいろいろな草花を詰め込んで、豪華に仕上げたいときにおすすめのバスケット。真ん中のはアンティークな感じで丈夫なので私も愛用しています。

少し重さが出ますので、ハンギング用の軽めの用土を使ったほうがよいかもしれません。掛ける場所も頑丈な場所に...

 

その他の素材のハンギングバスケット

テラコッタのウォールポット

クラシカルでちょっと重厚感があるテラコッタの壁掛けポットです。

実際ちょっと重いと思いますが、レンガの壁なんかに掛けたらステキでしょうね。

英国ウィッチフォード社の鉢はさすがに伝統を感じますね。どんな植物でも合いそうです。

こんなのあると便利!

ウィッチフォード<Whichford>壁掛けWALL POT

ハンドメイド(手作り)の英国ウィッチフォードの鉢は味わいがあります。

 

ナチュラル(自然)素材のハンギングバスケット

強度や耐久性にはちょっと欠けますが、自然素材のバスケットはまさにナチュラルガーデンにはぴったりです。

植え込む植物との調和が美しく、使っているうちに馴染んで味が出てきます。

プラスチック素材のハンギングバスケット

プラスチック(樹脂)素材のバスケットは耐久性、保水性に優れ、軽くて扱いやすいのが特徴です。

最近はデザイン的にもおしゃれなものが沢山出ていますので、ハンギング初心者の方におすすめのバスケットです。

リッチェルのソレシア(↓)は私も使っていますが、おしゃれでしっかりしたバスケットでおすすめです。

こんなのあると便利!

ソレシア 壁かけ 35型

表面がすこしボコボコに加工されており、波打つ縁もかわいいです。

 

壁掛けスリットバスケット

ハンギングバスケットの中でもバスケットの表面全体に草花を植えつけるタイプは一番見ごたえがありますね。

このタイプで一番ポピュラーなのは伊藤商事のグリーンのスリットバスケットです。

プラスチック製で予めスリットが入っており、そこに苗を植えつけていくだけで比較的簡単にハンギングが作れます。

夏のおすすめはインパチェンスです。インパチェンスは沢山植えてもまるで1つの株のようにバランスよく成長しますので、失敗が少ないと思います。

秋は定番のパンジーやビオラ、葉牡丹ですね。

苗の植え付けのコツ

ポット苗を植えつけるときは根鉢が大きくてなかなか入らないので、根をなるべく切らないように土を崩し、根鉢を手で握って少し細くして差し込むとやりやすいです。

また、その際に細くした根鉢を切り開いたポリポットで包んで差し込むのもやりやすいです。

 

リース型バスケット

リース型のハンギングは秋冬の寄せ植えによく使われます。秋になるとパンジーやビオラを使ってリースを作るシーンが雑誌やTVでよく見られるようになります。

ドーナツ型で苗を入れる場所が限られることから、水切れも激しく夏場のハンギングにはちょっと向かないかもしれません。

多肉植物のように水をあまり必要としない植物を使う場合は大丈夫です。

リースの場合も内側に穴を開けたビニールなどを張ると水切れを防ぐことが出来ます。

また株元を水ゴケなどで覆うと土こぼれを防ぎ、水切れを少なくする効果がありますよ。

リース型バスケット

 

ハンギングバスケットを探す

ピックアップ

楽天市場から人気の壁掛けプランターやハンギングバスケットをピックアップしてみましたので、ご参考にどうぞ!画像をクリックするとショップの商品ページが表示されます。

(※検索結果はショップが商品に記載したキーワードから自動的に分類していますので、無関係な商品が表示される場合があります。ご了承くださいませ。)

Wall-planter

カテゴリー

1418844

ハンギング用品が豊富なお店

ページのトップへ戻る