花と雑貨の情報館

花と雑貨の情報館へようこそ。ガーデニングや庭づくり、ガーデン雑貨などの情報を発信しています。

トップ > 庭木と花木 > 沈丁花(ジンチョウゲ)

沈丁花(ジンチョウゲ)

沈丁花の画像
沈丁花

分類:ジンチョウゲ科、常緑低木
原産地:中国
学名:Daphne odora
日照:日向~半日陰
開花期:3月~4月
樹高:1m前後

沈丁花は花と香りを楽しむことができる庭木の定番。

早春にただよう濃厚な香りは、いち早く春の訪れを知らせてくれます。

半日陰にも向き、シェードガーデンでも重宝される花木なので、わが家でも朝だけ日が当たる場所に植えています。

剪定もそれほど必要なく、コンパクトに丸くまとまるので育てやすく、鉢植えでも庭植えでも楽しめるのも嬉しいです。

後で知ったのですが、沈丁花は比較的寿命が短く、生育環境にもよりますが、一般的に20年前後と言われているそうです。

病気も意外に多く、突然調子が悪くなり、枯れたりすることもあるようなので、挿し木で予備の株を作っておくとよいそうですよ。

 

育て方のポイント

管理

適した環境

半日陰でも十分花が楽しめるのですが、花つきと香りをよくするためには日向での栽培がよいそうです。

また、適湿で肥沃な土壌を好み、粘土質の水はけの悪い土壌だと生育が悪くなります。

耐寒性はありますが、寒冷地では鉢植えにして冬は室内で管理すると安心です。

植え付け・植え替え(移植)

植え付け:3月~4月と9月ごろが適期

植え替え:鉢植えの場合は2年に1度を目安に、1~2回り大きな鉢に植え替えます。

移植:5月~6月が適期ですが、沈丁花は根を切られることを嫌い、太い根が張ってからの移植は困難です。

施肥

寒肥:1月~2月、油粕などの有機質肥料
追肥:花後の4月~5月に緩効性化成肥料

剪定

花芽分化が7月ごろなので、剪定は花後すぐ、4月ごろが適期です。

樹形を整えるには、樹冠から飛び出た枝を切り、内部の不要枝を切って風通しをよくしましょう。

増やし方

挿し木で簡単に増やすことができます。適期は4月で剪定した枝を使って行います。

15cm程度の挿し穂を作り、清潔な赤玉土などに挿して発根させます。

病気・害虫

病気:白絹病(しらきぬびょう)、白紋羽病(しろもんぱびょう)、ウイルス病、黒点病など

害虫:カイガラムシの発生

 

沈丁花(ジンチョウゲ)を探す

探し方のポイント

苗の選び方ですが、店頭で見て購入する場合は、低い位置で分枝し、枝の太さにばらつきがなく、バランスのよい株を選びましょう。

品種は基本種(上の写真)のほか、花が純白のシロバナジンチョウゲ、葉にクリーム色の斑が入るフクリンジンチョウゲ、明るい黄色の斑が入る「前島」などがあります。

沈丁花(ジンチョウゲ)の苗

 

ピックアップ

楽天市場から人気の沈丁花をピックアップしてみましたので、ご参考にどうぞ!画像をクリックするとショップの商品ページが表示されます。

(※検索結果はショップが商品に記載したキーワードから自動的に取得していますので、無関係な商品が表示される場合があります。ご了承くださいませ。)

Daphne-odora

カテゴリー

1418917

沈丁花が豊富なお店

ページのトップへ戻る