花と雑貨の情報館

花と雑貨の情報館へようこそ。ガーデニングや庭づくり、ガーデン雑貨などの情報を発信しています。

トップ > 季節の草花 > 春の草花 > デルフィニウム

デルフィニウム

デルフィニウム
デルフィニウム

分類:キンポウゲ科、一年草扱い
学名:Delphinium elatum
和名:オオヒエンソウ
日照:日向
耐寒性:強
耐暑性:中
花色:紫、白、ピンク
花径:3cm~4cm
草丈:80~150cm
開花時期:4~6月

デルフィニウムというと、イングリッシュガーデンなどでよく見られる長い花穂にびっしりと花を付け、まるで一つの大きなお花のように見える品種が有名ですよね。

このような品種はエラータム(elatum)系と呼ばれ、八重咲きで草丈は1m前後と大きく、「オーロラ」シリーズや「パシフィックジャイアント」シリーズなどがあります。

右上の写真はパシフィックジャイアントです。

また対照的な品種にシネンシス(chinense)系と呼ばれる系統があります。

シネンシス系はエラータム系とは違い、草丈が60cm前後と比較的小型で、一重咲きの花が細い茎にまばらにつくのが特徴です。

有名な品種では「ミストラル」シリーズがあります。

豪華さはエラータム系に負けますが、主張しすぎずナチュラルな感じが気に入っています♪

左下の写真はシネンシス系で、購入した苗から採取した種子を蒔いて育てたものです。ミントブルーという品種だったかな...

その他、あまり見かけませんがベラドンナ系といって、エラータムとシネンシスの中間のような品種もあります。

デルフィニウムの花色はブルー系、ピンク系、ホワイトがあり、ブルー系が一番好まれているようです。

ちなみにわが家ではブルー&ホワイト(上の写真)の爽やかなカラーが定番です♪

育て方のポイント

日常の管理

デルフィニウム・ミントブルー
デルフィニウム・ミントブルー

日当たりと風通しがよく、水はけのよい場所を好みます。

丈が高く伸びる品種の場合は、強風で倒れないように支柱をしておくと安心です。

温暖地で夏越しをする場合は夏に場所を移動できるように、あらかじめ鉢植えにしておくことをお勧めします。

水やりは庭植えの場合は特に必要ありませんが、鉢植えの場合は乾いたらたっぷりと水をあげましょう。

1番花が咲き終わったら、花茎を根元から切り取ると、2番花を咲かせることができます。

施肥

植え付けの際に元肥として緩効性肥料などを施したら、あとは3月、5月に化成肥料を追肥します。

増やし方

種子ができるタイプはタネを採取して増やすことができます。私の経験ではシネンシス系。

夏越し

デルフィニウムは本来多年草ですが、夏の高温多湿が苦手なので、関東などの暖かい地域では夏越しが難しいです。

挑戦する場合は、夏は涼しくて風通しの良い半日陰が良いと思います。

病気と害虫

風通しが悪いとウドンコ病になることがあります。またヨトウムシに注意しましょう。

 

デルフィニウムを探す

探し方のポイント

主に出回っているのは大型のエラータム系とそよそよタイプのシネンシス系です。

それぞれの品種によって草丈が様々なので、植え付け場所に合った品種を選びましょう。

デルフィニウムの苗

 

ピックアップ

楽天市場から人気のデルフィニウムをピックアップしてみましたので、ご参考にどうぞ!画像をクリックするとショップの商品ページが表示されます。

(※検索結果はショップが商品に記載したキーワードから自動的に取得していますので、無関係な商品が表示される場合があります。ご了承くださいませ。)

Delphinium

カテゴリー

1418874

ページのトップへ戻る