花と雑貨の情報館

花と雑貨の情報館へようこそ。ガーデニングや庭づくり、ガーデン雑貨などの情報を発信しています。

トップ > 季節の草花 > 春の草花 > ブラキカム

ブラキカム

ブラキカムのハンギング
ブラキカムのハンギング

分類:キク科ブラキスコメ属 一年草、多年草
学名:brachyscome iberidifolia(一年草)、
  brachyscome multifida(多年草)、
  brachyscome angustifolia(多年草)
原産地:オーストラリア
別名:姫コスモス、
日照:日向
耐寒性:強
耐暑性:弱
花径:3cm~4cm
草丈:20cm前後
開花時期:3~11月
用途:庭植え、鉢植え、寄せ植え、ハンギング
苗の出回る時期:秋から春

私はブラキカムと言いますが、ヒメコスモスの方が一般的なんでしょうか??

ちなみに正しくはブラキカムじゃなくて属名のブラキスコメらしいです (^-^;)

ブラキカムは本来一年草(iberidifolia)と多年草のタイプがあり、さらに多年草にも2種類(multifida、angustifolia)あります。

細い茎にコスモスを小さくしたような可憐な花と、切れ込みのある葉が特徴で、全体的にふんわりとした雰囲気があります。

一年草タイプのイベリディフォリアと多年草のムルチフィルダは葉の切れ込みが深くとても細いのですが、アングスティフォリアは比較的幅広です。

ただ最近は交配が進み、葉の特徴もあいまいになっているようです。

園芸店で人気なのはやはり丈夫な多年草タイプですね。一年草の方はあまり見かけません。

一年草タイプは秋蒔きで春から初夏にかけて開花します。

下の写真は以前にタネから育てた一年草のブラキカムです。

ミックス種子でしたが白やブルーがとてもキレイ♪特にブルー系は中心が白抜けしていたりして、多年草に比べて微妙な色合いが美しいです。

ポット苗は秋から春にかけて出回ります。葉の色が濃く密に茂っていて、下葉が蒸れて溶けたりしていない苗を選ぶと良いです。

育て方のポイント

日常の管理

一年草のブラキカム
一年草のブラキカム

ブラキカムは日当たりがよく、風通しの良い場所が好きです。

ただ高温多湿には弱いので、夏は半日陰で涼しい場所に移動できるように鉢植えやハンギングなどがおすすめです。

特に夏場は蒸れないように、水の遣り過ぎに注意です。

耐寒性はありますが、冬の間は強い霜が当たる場所は避け、日当たりのよい寒風の当たらない場所で管理しましょう。

施肥

植え付け時に元肥として緩効性肥料を施し、その後は月に2~3回、適量の液肥を与えましょう。

花がら摘み・切り戻し

花が小さめなのでちょっと面倒ですが、花がら摘みはこまめにしましょう。

春先と梅雨入り前に、形を整え、風通しを良くするために切り戻しをするとよいです。

 

ブラキカムを探す

探し方のポイント

園芸店ではブラキカム、姫コスモス、乙女菊などとして売られています。

最近人気なのはハルディン社の「姫小菊」と呼ばれる多年草タイプのブラキカムで、毎年必ず店頭で見かけます。

花色が豊富で丈夫なので、ハンギングバスケットの素材にとてもおすすめです。

一番上の写真が姫小菊のバイオレットです。

ブラキカムの苗

 

ピックアップ

楽天市場から人気のブラキカムの苗と種子をピックアップしてみましたので、ご参考にどうぞ!画像をクリックするとショップの商品ページが表示されます。

(※検索結果はショップが商品に記載したキーワードから自動的に取得していますので、無関係な商品が表示される場合があります。ご了承くださいませ。)

Brachyscome

カテゴリー

1420343

ページのトップへ戻る