花と雑貨の情報館

花と雑貨の情報館へようこそ。ガーデニングや庭づくり、ガーデン雑貨などの情報を発信しています。

トップ > 球根植物 > 秋植え球根 > チューリップ

チューリップ

チューリップ
チューリップ

分類:ユリ科、耐寒性球根
学名:Tulipa
和名:
原産地:中央アジア~地中海沿岸
日照:日向~半日陰
耐寒性:強
耐暑性:強
花色:白、黄色、オレンジ、ピンク、赤、紫、複色
花径:7~12cm
草丈:15~60cm
開花時期:4月~5月
植え付け時期:10月~11月
植え付けの深さ:5cm~10cm

春に咲く球根と言ったらチューリップですよね~♪

水仙と同じくらいポピュラーで、子供のころから親しみのある球根植物です。

秋に植え付けてしまえば手間いらずで春の開花まで特にすることもなく、簡単に楽しむことができるのもうれしいです。

最近はますます品種も増え、咲き方も一般的な一重から八重咲き、フリンジ咲き、冠咲きなどいろいろ。今年は何を植えようか選ぶのも楽しみの一つですね。

育て方のポイント

球根の植え付け方

日当たりを好むので日向に植え付けます。

土の状態にもよりますが、あまり肥えていな場所なら腐葉土などを入れてあらかじめ耕し、化成肥料などを施しておきましょう。

また、連作を嫌うようなので、昨年と同じ場所に植える場合は土を少し入れ替えたりするとよいかもしれません。

ちなみにわが家ではあまり気にしたことありませんが、同じ場所で毎年咲いています。たぶん周囲の植物を植え替えたりする際に、たい肥などを入れるので自然に土が混じって更新されているのかもしれませんね。

植え付けの深さですが、一般的なサイズの球根なら10cmぐらい、原種系など小さい球根の場合は5cmぐらいを目安に穴を掘り、とがった方を上にしてキレイに並べて植え付けます。

鉢植えの場合は地植えの場合の半分ぐらいの深さに植え付けます。

また、鉢植えの場合は冬場なので油断していると水切れして球根の芽が枯れる場合があります。降雨が少ない場合などは、様子を見てたっぷり水を遣りましょう。

花後の管理

球根を育てる場合は、タネができる前に花後に花首のあたりで切り取ります。葉が全体的に黄色っぽくなったら掘り上げの時期です。

掘り上げてみて大きな球根なら来年も咲く可能性がありますが、小さな子球は開花まで数年かかります。

掘り上げた球根はタマネギのネットや流し用のごみ取りネットなどに入れて、日陰の涼しい場所で秋まで管理します。

 

チューリップを探す

探し方のポイント

チューリップ
原種系「レディージェーン」

チューリップはざっくりと原種系とそれ以外とに分かれます。

ちなみに右の写真はとても気に入って毎年植えているレディージェーンという原種系の品種。

原種系は丈が短めで花も小ぶり、ちょっと野性味があってナチュラルな感じ。

草丈に関しては、原種系以外の一般的なチューリップも品種によっていろいろです。

また、開花期も4月~5月の間で3パターンぐらいに分かれるため、違う品種を混植する場合は花の色や姿だけでなく、開花期と草丈もチェックしましょう。

あえて開花期が違う品種を植えて長く楽しむ方法もありますね。

チューリップの球根

 

ピックアップ

楽天市場から人気のチューリップの球根をピックアップしてみましたので、ご参考にどうぞ!画像をクリックするとショップの商品ページが表示されます。

(※検索結果はショップが商品に記載したキーワードから自動的に取得していますので、無関係な商品が表示される場合があります。ご了承くださいませ。)

Tulip

カテゴリー

1418903

球根が豊富なお店

ページのトップへ戻る